消防団組織概要

辰野町消防団は市町村条例の定めるところにより町長の管理下に置かれた自治体消防組織です。 その変遷は、終戦以降の機構改革並びに行政区域の合併諸般と深く関与しており、一概に表すのは大変困難ではありますが、 昭和22年の町制施行に続く翌年の消防組織法に基づく消防団の編成(昭和23年)によって、まずは辰野町消防団の礎が築かれたと申せましょう。

現在、辰野町消防団は本部・常備部・喇叭隊、並びに町内8分団によって構成されています。 なお、管理者である町長の諮問に応じる調査審議機関として、条例に基づく辰野町消防委員会が設置されています。

また、消防と両輪をなし地域を守る防災団体として、 博愛の精神のもと人道的な諸活動をされている辰野町赤十字奉仕団の方々もこの場をお借りしてご紹介申し上げます。