1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム 健康・子育て・福祉 子育て 予防接種   

B型肝炎ワクチン

 
 平成28年10月1日よりB型肝炎ワクチンの予防接種が国の法に基づく定期接種となります。
B型肝炎はB型肝炎ウイルス(HBV)の感染により起こる肝臓の病気です。感染すると一過性の感染で終わる場合と、持続感染(キャリア)化し一部では肝硬変や肝がんなど命に関わる病気を引き起こす恐れがあります。ワクチンを接種することにより、体のなかにHBVへの抵抗力(免疫)ができます。免疫ができることで、一過性の肝炎を予防できるだけでなく、キャリアになることを予防でき、まわりの人への感染も防ぐことができます。
 

接種期間

  1歳の誕生日の前日まで

  (標準的な接種期間は生後2月から9月)

 

接種回数

  3回

 

接種間隔

  • 2回目  1回目接種終了後27日以上の間隔をあけて
  • 3回目  1回目接種終了後139日(20週)以上の間隔をあけて、かつ2回目の接種より6日以上あけて

接種方法

  医療機関での個別接種
 

持ち物

  予診票・母子健康手帳・健康保険証 

 

注意事項とお願い

 ・母子感染予防として抗HBs人免疫グロブリンと併用してお子さんの接種を継続している方は健康保険の  対象となり定期接種の対象にはなりません。お手数ですが保健福祉課までご連絡ください

 ・平成28年10月1日以前に接種した場合と1歳の誕生日以降に接種される場合は任意接種(全額自己負担)  となります。

 ・平成28年3月31日以前に生まれた方は定期接種の対象とはなりません。

 

 

 

情報発信元

保健福祉課 保健係  辰野町役場庁舎1F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111  FAX:0266-43-3307