1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム まちづくり・町政 町の概要  

町長のページ

 

町長プロフィール

 

「日本中心の標」が建つ辰野町は、中央自動車道で首都圏や中京圏から約2時間30分の場所にあり、豊かな自然の宝庫です。標高約750mの段丘地には、水田や畑、果樹園が広がり、人びとは四季折々に姿を変える里山と清流に囲まれて暮らしています。

 

初夏になると、辰野町の代名詞である日本一のゲンジボタルが、あちらこちらで光り、舞います。特に数万匹の大乱舞で埋め尽くされる「ほたる童謡公園」では、毎年6月に「辰野ほたる祭り」が行われ、横川川に大蛇の姿で横たわる「蛇石」とよじれながら枝垂れる800本ものシダレグリが自生する「シダレグリ自生地」の2つ国の天然記念物とともに、住民の誇りとなっています。

 

また、特産品のマツタケや文豪・島崎藤村の作品から銘をもらった清酒「夜明け前」は、多くのみなさまに好評いただいております。

 

このほか、各地域では、「どろん田バレーボール日本大会」や「福寿草祭り」などが住民の手で開催されており、年間通じて活気のある町となっています。

 

辰野町のホームページでは、これらのほかにも、さまざまな観光案内や特産品の紹介、また町の最新情報をお届けしています。ぜひご覧ください。

                         

                                                                                                          辰野町長  武居 保男