1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム 安心・安全 防災 どうする地震

どうする地震

 身の安全を守ることは何よりも大切なことですが、地震で最もおそろしいのは、火事などの二次災害。いざという時のために正しい防災知識を身につけましょう。

 

安全対策10か条

 地震から身を守る最大のポイントは、日頃の備え。ケガや災害などの二次災害を引き起こさないためにも、いざという時の行動を頭にたたき込んでおきましょう。

1.まず身の安全を!
ケガをしたら火の始末や避難が遅れてしまいます。家具の転倒や落下物には充分な対策を。

2.すばやく火の始末
揺れを感じたらすばやく行動。火の元付近には燃えやすいものを置かない習慣を。

3.戸を開けて出口の確保
振動でドアが開かなくなることも。戸を開けて避難口の確保を。

4.火が出たらすぐ消火
万一出火しても天井に燃え移る前なら大丈夫。あわてず消火を。

5.あわてて外に飛び出さない
飛び出しはケガのもと。冷静な判断を。

6.狭い路地やブロック塀には近づかない
ブロック塀や自動販売機は倒壊のおそれが。すばやく避難。

7.協力し合って応急救護
地域ぐるみで協力し合って応急救護の体制を。

8.山崩れ、がけ崩れ、津波に注意
居住地の自然環境を把握して二次災害防止の心掛けを。

9.避難は徒歩で
マイカーでの避難は危険な上、緊急出動の障害に。ルールを守る心のゆとりを。

10.正しい情報を聞く
事実はひとつ。間違った情報に惑わされず的確な行動を。
 

もしものための心掛け

 地震による二次災害で最も起こりやすいのが火災。常日頃の心掛けこそ、災害から身を守る大きな武器になります。

1.燃えやすいものは置かない
台所のガス台付近、ストーブや風呂釜のまわりなど、火元となる場所に燃えやすいものを置かない心掛けを。

2.消火器の備えと点検
消火器は一定のところに置き、すぐ取り出せるように。古くなった消火器は、使い物にならない場合もあるので定期的に点検を。

3.水を蓄えておく
浴槽や洗濯機などに水を蓄えておくなど、日頃から防火、消火に対する心掛けと準備を。

4.グラッときたらすぐ消火
地震を感じたら、まず身の安全を確保しながら”火を消せ”と声を掛け合う。

 

情報発信元

総務課 危機管理係  辰野町役場庁舎2F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111  FAX:0266-41-3976