1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム 安心・安全 防災 私たちのまちを守るため

災害時の「新型コロナウイルス感染症」等の感染症対策について

 長野県に発令されていました緊急事態宣言は解除されましたが、「新型コロナウイルス感染症」感染の可能性は高いままです。この状況下であっても、自然災害への備えは怠るわけには行きません。

 町でも「新型コロナウイルス感染症」「ノロウイルス感染症」「インフルエンザ」等の感染症への対策を行いますが、避難所等での感染拡大を防止するためには、住民皆さまのご協力が不可欠であるため以下のような対策をお願いいたします。

 

1.平常時に行っていただきたいこと。

 ①非常持出品を準備しましょう。
  すでに準備いただいている持出品に感染症対策として以下の物の追加をお願いします。
   ・マスク(町斡旋のセットには不織布マスク大3枚中3枚が入っています。)
   ・体温計(専用予備電池も併せてご準備ください。)
   ・固形石鹸
   ・ハンカチ、手ぬぐい等の布(町斡旋のセットにはタオル1枚手ぬぐい1枚が入っています。)
   ・アルコール消毒液や除菌シート等(使用期限があるため備蓄には注意が必要です。)
   ・コップ、箸、スプーン等の食器(町斡旋のセットには箸、スプーンフォークが入っています。)
 
 ②日々の体調管理をお願いします。
  感染症対策は免疫力を高めることにより感染しても軽症となる場合があります。そのため、日々体調 
 管理を行っていただき、免疫力を高めましょう。
 
 ③日頃の感染症対策が大事です。
  日頃から、手洗いやうがいなどの感染症対策を行い、癖をつけておくことで、災害時にあわてず感染 
 症対策を行うことが出来ます。また、感染症対策を行い、感染症の流行を抑えておくことが、災害時の
 感染爆発(オーバーシュート)、集団感染(クラスター)を抑えることにつながります。
 
 ④自身に適した避難先の確認を行ってください。
  安全な場所は一人一人異なります。ハザードマップでご自宅の危険性を確認してください。
 「避難」とは、「難」を「避」けることです。よって、以下のような避難も検討してください。
  ・自宅に留まる。自宅内の安全な場所で過ごす。
   (例)自宅の2階へ垂直避難をする。がけから離れた部屋で就寝する。等
   自宅での安全確保が可能な場合は、感染の可能性を負ってまで避難場所へ行く必要はありません。
  ・親戚、友人宅へ避難する。
   台風等の進行型災害(ある程度被害や進路等予想が出来る災害)の場合は、災害の危険性が低い地
  区がわかる場合があります。そのような比較的安全となる地区の親戚宅等へ早めに伺うことも避難の
 1つです。
 
 ⑤車での一時的な避難も選択肢として検討してください。
  車での避難は長期化すると、エコノミー症候群、排気ガスによる一酸化炭素中毒等の危険が想定され
 ます。十分注意していただくとともに、あくまでも一時避難という認識をお願いします。

 

 【内閣府】避難行動判断フロー・避難情報のポイント [PDFファイル/1.21MB]

 

2.避難時にご協力をお願いしたいこと。

 ①時間に余裕を持って避難をお願いします。
  特に風水害時においては、ご自身の必要なものを持って行動できるよう、町が発表する避難情報等に
 注意しながら、降雨が激しくなる前に避難をお願いします。
 
 ②ためらわず危険が迫っていれば避難してください。
  まずはご自身の命が一番です。感染症への感染を気にして避難をためらうことがないようにしてくだ
 さい。
  熱等の風邪症状がある場合にもためらうことなく避難してください。
  避難後は避難所で責任者、スタッフ、役場職員などに症状があることを伝えていただき、その方々の
 案内に従っていただきますようお願いします。
 
 ③避難行動時、避難所での感染拡大防止対策にご協力ください。
  咳エチケット、水が使用できる状況であれば頻繁な手洗いなど基本的な感染症対策をお願いします。
 
 ④避難所での3密(密接、密集、密閉)を避けるためにご協力ください。
  避難所は、十分な換気と過密状態を防ぐために、避難された方同士の十分なスペースを確保できるよ
 うご協力ください。「換気を行いましょう。少し離れましょう」と避難者同士で声を掛け合う等の協力
 をお願いします。 
 ※過密状態を避けるために、他の避難所を案内する場合があります。
  
 ⑤発熱や咳等の症状が出た方には、専用のスペースを確保しますので配慮をお願いします。
  症状が出た方のために専用スペースやトイレを設けた際は、一般の避難された方とは滞在場所や動線
 を分けることとなりますのでご協力ください。設置等の作業についてもご協力ください。
 
 ⑥衛生環境の維持にご協力ください。
  物品などは定期的に、また、目に見える汚れがあるときは、家庭用洗剤を用いて清掃するなど、避難
 所の衛生環境をできる限り整えられるようご協力ください。

 

3.町が行う対策について

 ①備蓄品に感染症対策品を追加し、数量等についても充実させます。
  パーテーション、消毒液、マスク等
 
 ②避難所の密集を避けるため、新たな避難所の検討や、避難の仕方の検討を行います。
 
 ③職員に感染症対策への知識を深め、率先して対策できる人材を育てます。
 
 

4.関連情報について

 

【厚生労働省】新型コロナウイルス感染症に関するQ&A<外部リンク>

【厚生労働省】災害時における避難所での感染症対策<外部リンク>

【内閣府】避難所における新型コロナウイルス感染症への対応について [PDFファイル/290KB]

【内閣府】避難所における新型コロナウイルス感染症への更なる対応について [PDFファイル/186KB]

 

情報発信元

辰野町役場 総務課 危機管理係

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111 (内線) 2205・2209
FAX:0266-41-3976
E-mail:soumu@town.tatsuno.lg.jp