1. サイトマップ
  2. Foreign Language

2018年ピオレドール賞受賞記念 平出和也講演会

辰野町小野出身(両小野小学校、両小野中学校卒)の平出和也さん(アルパインクライマー/山岳カメラマン)(株式会社ICI石井スポーツ所属)のピオレドール賞受賞(日本人初2度目の受賞)を記念して、長野県初となる講演会を開催いたします。貴重な講演会ですので、是非お越しください。
 
  開催日 平成30年10月20日(土)
  場 所 たつのパークホテル
      辰野町樋口2396-20
  時 間 開場15:30 開演16:00
  演 題 未知と困難への挑戦
  定 員 先着150名(定員に達した際には、入場できない場合があります。)
  主 催 辰野町役場 まちづくり政策課
      その他 駐車場の混雑が予想されます。駐車場案内図の①~⑥の駐車場に停めていただくようご協力 
      をご協力をお願いします。
  ※講演会について沢山のお問い合わせをいただいており会場の混雑が予想されます。
   10月20日(土)14:00より当日整理券を配布することなりました。
   ご理解とご協力をお願いいたします。
 
  ピオレドール賞(フランス語:Piolet d'Or)は、優秀な登山家に贈られる国際的な賞。
  ピオレドールは、フランス語で「金のピッケル(手斧)」と言う意味。「登山界のアカデミー   
  賞」の異名を持つ。
子供の頃から八ヶ岳や南アルプスで山歩きやスキーを始める。辰野町の両小野小学校から剣道を始め、両小野中学校時代には長野県3位。東海大学付属第三高等学校(現東海大学付属諏訪高等学校)時代には競歩の選手として全国6位。東海大学在学中は、日本選手権10位の成績を収めるも引退。その後、山岳部に転身。翌年にはヒマラヤ未踏峰への初登頂、さらに8千m峰をスキー滑降した。未踏ルートへの挑戦にこだわり、2008年カメット峰(7,756m/インド) 南東壁の初登頂によって、パートナーの谷口けい氏と共に「第17回ピオレドール賞」を日本人として初受賞。同年、登山家竹内洋岳氏(日本人初8千m峰全山登頂者)の撮影に同行し、山岳カメラマンとしても本格的に活動を開始。2013年には、三浦雄一郎氏の世界最高齢80歳でのエベレスト登頂を撮影。2017年、「誰にもまねできない冒険と撮影を両立している」として第21回植村直己冒険賞を受賞。シスパーレ (7,611m/パキスタン) 北東壁未踏ルートの登頂によって、パートナーの中島健郎氏と共に「第12回ピオレドールアジア賞」を受賞。2018年には同功績で日本人初となる2度目のピオレドール賞「第26回ピオレドール賞」を受賞。現在、アルパインクライマーと山岳カメラマンの二刀流で活動中。

情報発信元

まちづくり政策課 まちづくり係 辰野町役場庁舎2F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111  FAX:0266-41-3976