1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム 健康・子育・福祉 国保・年金  

医療費特別給付金制度

 

医療費特別給付金制度について

 医療費特別給付金とは、18歳未満の子ども・障がい者・母子父子家庭等の医療費の負担軽減を図り、適正受診を目的とした医療費助成制度です。

 対象となる方は、申請が必要で、認定後に交付される「医療費特別給付金受給者証」を受診の際、医療機関窓口に保険証とともに提示することにより給付を受けることができます。

 

対象者

 

医療区分 対象要件 給付範囲 ◎資格期間 ・ ◇所得制限
乳幼児等 満18歳到達後の3月31日まで 入院・外来 ◎出生した日または、転入日から
 満18歳到達後の3月31日まで
障がい者 身体障害者手帳 1級・2級 入院・外来
 
身体障害者手帳 3級 (※1)   
 
療育手帳 A1・A2・B1・B2 資格要件に該当した月から
精神保健福祉手帳1級     外来のみ ◇特別障害者手当に準ずる所得制限あり
精神保健福祉手帳2級 (※1) 外来のうち自立支援医療対象 (※1 本人が所得税非課税者に限る。)
特別児童扶養手当1級・2級 入院・外来
国民年金の障害年金1級
65歳以上で国民年金法別表の1級・2級 程度該当の方
母子・父子 家庭 配偶者のいない方で、18歳未満の子を扶養している母・父及び扶養されている児童 入院・外来 ◎要件に該当した月から子が18歳到達後の3月31日まで
◇児童扶養手当に準ずる所得制限あり
父母のいない児童 父母のいない18歳未満の児童
(18歳到達時、高等学校等在学証明必要)

 

 

給付について

<乳幼児等の給付>

 子ども医療費特別給付金はこれまで、病院等の窓口で保険診療の一部負担金を支払った後に町から給付

 していましたが、平成30年8月から、18歳までの方※は窓口で500円(最大)支払うことで医療を受け

 ることができる現物給付方式になりました。

 ※満18歳に達する日以降の最初の3月末まで

 

 ○対象となる医療費

  医科・歯科・調剤・訪問看護療養費

  ※柔道整復師の施術は、従来の自動給付方法(自己負担額〔保険診療分〕から、高額療養費や付加

   給付金等を差し引いた残りの金額から、受給者負担金〔1レセプトあたり500円〕を差し引き、

   給付となる方法)で給付いたします。

 

 ○次の場合は、現物給付方式の適用とならないため、病院等の窓口で医療保険の自己負担金を支払い、

  領収書等をお持ちの上、役場窓口へ給付申請をお願いいたします。診療月の2ヶ月後にご登録口座へ

  500円差し引いた残りの医療費を給付いたします。

  ・受給者証を提示しなかった場合

  ・病院・薬局で新しい現物給付方式に対応できなかった場合

 

 

<母子・父子家庭の父母、障がい者、65歳以上の給付>

 「医療費特別給付金受給者証」を受診の際、病院等の窓口へ提示することにより自己負担額(保険診

 療分)から、高額療養費や付加給付金等を差し引き、更に受給者負担金(1レセプトあたり500円)を

 差し引いた金額を給付する、自動給付方法となります。

 

 ○給付時期

  父母・障がい者 … 診察月の2ヵ月後

  65歳以上の方   … 診察月の3ヵ月後

 

<共通事項>

  • 県外の医療機関を受診した場合や受給者証を提示せず受診した場合は、医療費を医療機関にお支払いいただき、領収書と印鑑を持参し住民税務課総合窓口へ支給申請をお願いいたします。
  • 保険診療外の自己負担金や入院時の食事代、諸費用、交通事故等の第三者による行為で医療機関へかかった費用は、給付の対象外です。
  •  スポーツ共済の対象となる場合には、医療費特別給付金受給者証を使用せず、スポーツ共済の手続きを行ってください。
  • 診療を受けた月から1年を経過したものは、原則として給付の対象になりませんのでご注意ください。
  • 登録内容(保険や口座振込先など)に変更がありましたら届出をお願いします。

 

情報発信元

住民税務課 国保医療係  辰野町役場庁舎1F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111  FAX:0266-41-0575