1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム まちづくり・町政 町の概要

 

「たつの」のいわれ

辰野(たつの)という地域の歴史は古いが地名の由来について、はっきりとわかっていませんが、興味深い伝承や資料が残されていますので、ご紹介します。

 

辰野町資料(第22号)に掲載された伝承

「昔荒神 山はもっと大きく東西の山々に連なり天竜川をせきとめて、辰野は湖であった。この湖には一匹の竜が住んでいて、天へ昇ったり下りたりしていたが、ある時大 雨が降って湖の水は氾濫し、ついに荒神山の東西を切り崩して流れ出し、湖はひいてしまった。水がなくなったので竜も天へ昇ってしまった。それで辰野という ようになった。」
※荒神山のある地籍は「樋口」ですが、これも水が流れ出た際に付けられたとも言われています。

 

江戸時代後期の国学者・松沢義章の著書「洲羽国考」

「この辺りに1里(約4キロ)四方の湖があり、「天ノ竜ノ海」とよばれていたことや、天竜川は以前、荒神山の東を流れていたのが、現在の西を流れるようになり、湖も沼となり、やがて干潟となり、辰野の地名が残された」との趣旨が記されています。


真偽のほどはわかりませんが、大城山から見るとその昔、確かに竜の棲む大きな湖があったように感じることでしょう。

 

 

 

情報発信元

まちづくり政策課 まちづくり係 辰野町役場庁舎2F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111  FAX:0266-41-3976