1. サイトマップ
  2. Foreign Language

県の地震被害想定調査

第3次長野県地震被害想定調査

 

 平成7年兵庫県南部地震以降、平成16年新潟県中越地震、平成19年新潟県中越沖地震など全国で死者を伴う大規模地震が発生しています。さらに、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震は、従来の想定をはるかに超え、甚大かつ広域的な被害となりました。また、その翌日に発生した長野県北部の地震では、県内においても死者3名のほか建物倒壊などの多くの被害が発生しました。

 長野県では、このような大規模地震に備えるため、平成25年度から26年度にかけて従来の地震被害想定を見直し、南海トラフ巨大地震や新たに評価が行われた県内の活断層を想定地震として追加するとともに、孤立集落の発生や災害時要配慮者の被災といった東日本大震災以降に明らかになった災害対応上の課題となる項目についても想定を行いました。

(出典:「第3次長野県地震被害想定調査報告書」長野県)

 

●想定地震

 

 

 

●辰野町の被害想定

 

※上記以外の被害想定値につきましては、県ホームページ掲載の報告書本編にてご確認ください。

 長野県ホームページ(第3次長野県地震被害想定調査報告書)

 

関連情報

 総務省消防庁ホームページ(早め早めの避難を行うために)