1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム 健康・子育・福祉 国保・年金  

後期高齢者医療制度

 

後期高齢者医療制度について

 老人医療費を中心に国民全体の医療費が増大する中、高齢者の医療費を安定的に支えるため世代間での負担を明確化し、公平にすることが必要であることから、平成20年度に創設された医療制度です。

 長野県内のすべての市町村で構成する『長野県後期高齢者医療広域連合』が運営主体となり、市町村では保険証の交付、申請・届出の受付、保険料の徴収等の窓口業務を行っています。

 

制度について詳しくは、後期高齢者医療広域連合ホームページをご覧ください。

 

対象者

 ○75歳以上の方(75歳の誕生日当日から資格取得)

 ○65歳以上74歳未満の方で、

    一定の障害があり、申請して広域連合の認定を受けた方(認定日から資格取得)

 

被保険者証について

 被保険者証は1人に1枚ずつ交付されます。

 毎年8月に更新され、新しい被保険者証は7月下旬郵送されます。

 

限度額適用・標準負担額減額認定証

 市町村民税非課税世帯の方は、入院や高額な外来診療を受ける際に「限度額適用・標準負担額減額認定証(減額認定証)」を提示することにより、窓口での支払いが減額されるなどの措置が受けられます。

 該当される方は、住民税務課総合窓口で交付の申請をしてください。

 

一部負担金について

 医療機関での一部負担金(窓口負担)の割合は、1割(現役並み所得者は3割)です。

 前年の所得をもとに8月から翌年7月までの負担割合を判定します。

 同一世帯の被保険者は、同じ負担割合になります。

 

保険料について

 加入する被保険者すべての方に、負担能力に応じた保険料を負担していただきます。

 保険料額は、被保険者全員が負担する「均等割額」と被保険者の所得に応じて負担する「所得割額」の合計額になります。

 ○保険料 = ①均等割額 + ②所得割額 

  保険料率:平成26年度・27年度(2年ごとに保険料率の見直しがされます。)

   ①均等割額  40,347円

   ②所得割額 (所得-基礎控除額33万円)× 8.10%

 被保険者や世帯主の所得金額に応じて保険料の軽減措置がありますのでご相談ください。

 

保険料の納付方法

 保険料の納め方は、年金からの天引きによる「特別徴収」と納付書または口座振替による「普通徴収」があります。

 年金からの天引きになる方でも、口座振替に変更できる場合がありますのでお問い合わせください。

 

説明会開催について

 75歳のお誕生日から新たに後期高齢者医療保険に加入される方を対象に説明会を開催しています。

 制度や保険料についての説明のほか、保健師による健康講座や体操の指導なども行っています。

 対象者にはご案内の通知をお送りしますのでご参加ください。

 

後期高齢者人間ドック補助金

 後期高齢者人間ドック補助金

 

 

情報発信元

住民税務課 国保医療係 辰野町役場庁舎1F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111  FAX:0266-41-0575