1. サイトマップ
  2. Foreign Language
ホーム まちづくり・町政 施策・計画 上下水道  

水処理センター化学物質管理計画

更新日:平成29年5月11日

「特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律」(PRTR法) では、指定化学物質等を取り扱う事業者は、化学物質管理計画を策定する必要があります。辰野水処理センター及び小野水処理センターでは、この法律に基づき 化学物質管理計画を公表します。


化学物質による環境保全上の支障を未然に防止するため、平成13年4月から「特定化学物質の環境への排出量の把握及び管理の改善の促進に関する法律」(略称:化学物質管理促進法)が施行されました。この法律の主旨は、

「有害な化学物質は、使用しないのが良いが使用せざるを得ないのなら、なるべく使用を削減するか、化学物質の管理を徹底することにより、環境へ与える危険性を抑える。」

と いうものです。有害性のある化学物質の環境への排出量などを把握するPRTR制度(Pollutant Release and Transfer Register:環境汚染物質排出移動登録)と指定化学物質等を他の事業者に譲渡・提供する際のMSDS(Material Safety Data Sheets:製品安全性データシート)の提供が主なものとなっています。(平成16年1月長野県発行:化管法ガイドブックより)
 

情報発信元

水処理センター 辰野町役場庁舎1F

〒399-0493 長野県上伊那郡辰野町中央1番地
電話:0266-41-1111
FAX:0266-41-4651